4回目のパラオ・ペリュリュー島慰霊へ

11月28日よりパラオ共和国ペリュリュー島慰霊の旅へ・・・

3年前、たった2人で始めたこの慰霊も、年々同じ思いの同志が増え

今年は8人での慰霊法要となった。

パラオは大東亜戦争時 昭和19年9月15日から11月25日にかけてのペリュリュー島の戦い

同じく、9月17日から10月19日にかけてのアンガウル島の戦い

日米併せて14,482人(内日本軍11,886人)の尊い命が失われた大激戦地である。

DSC_0111

戦後教育の中、歪んだ歴史観・戦争観を教え込まれた今の世代はあまりにも真実を知らない。

遠く離れた南方の島で、その尊き命を己の為にせず、祖国の為に捧げた多くの若者達がいることを・・・

今を生きる我々はその魂魄に報い、感謝し、平和に努めなければならない。

DSC_0136

この慰霊法要を通じて、英霊への感謝の念を表すとともに、

日本人としての誇りを取り戻さねばと新たに誓わせていただいた。